上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回もスローペースでお送りしていますふぁえろぐ+!。
最近は、めっきりSS加工なるものにも手をだしてみました。
そんな一例。

ffxiv_116-1.png
モデルはみよよさん。切り貼りしてこんな感じ。
エオルゼアでは守護天節も始まっていてリアルでももうすぐハロウィンですね。


さて今回はサブタイにもなってる【眼鏡】についてですよ。


と、その前に、ランキングなるものに参加してみました!



気になったらぽち!っとしていただきたいです!


さて、今回のことの発端。



というものでした。

たけおさん、そうめがねや!でおなじみ眼鏡仲間のたけおさん。
そんなたけおさんが去る10月1日、そう眼鏡の日…

ベリアスに遊びに来てくれた話をしようと思います。

ffxiv_20151001_234357.png


(インタビュー形式で長いので、ゆっくりみてください)
(セリフは敬称略させてもらってます)

10月1日・・・なぜ眼鏡の日なのか。
そんなのは単純だったりして、【1001】が眼鏡に見えなくもないから、らしいです。
(詳しくは「眼鏡の日」のサイトがあるのでそちらで)



イージス鯖からわざわざ辺境の地ベリアスへ来てくださるのでお部屋の片づけでも…。
と思っていたのですがこの有様だよ!!!!!

ffxiv_20151001_200003.jpg
(これが1週間くらい前の話)


何とか片付き当日。
私が所属しているFCハウスにいるとの事だったのでお迎えに。

≪……もしもし、私よ、ファエルよ。みよさん、たけおさんがFCハウスにいるみたいなの…。≫

お隣のFCマスター、はばたけ!リムサっこのみよよさんを呼び出してみる。

???「ぴんぽんぴんぽんおるすですか」
???「おるすですこんばんははいります」

がたん、とふすまの前には

ffxiv_20151001_234505.png

みよさん。

みよよ「こんなすっきりしたたけおさんしらない」
みよよ「にせものにちがいない」

ffxiv_20151001_234831.png
(たけおさん、今回はアウラ女子でした。)

みよよ「しかし今日はいったいどうして、こんな家に」
たけお「約束をはたしに来たって ところですかね」

たけお「以前お会いしたときに「今度是非メガネ談義しましょう」と約束したのです」
*以前とは私がヒマハウスへお邪魔した霊災のときのことです!

みよよ「okわからない世界だった 業界談義かー ごゆっく、り・・・?ゴクリ」

それから上がみよよさんのFCのお家だったのですこしご紹介してからゴブレットにある私のマイハウスへ。






ffxiv_20151002_000213.png
ファエル「頑張って片づけました・・・」
たけお「やはり アーリマン系が多いですねw」
ファエル「アーリマン、かわいいんですよ」


(以下たけおさん→た ファエル→フ)

た「私もFC個室にアーリマン系家具を沢山置いていたんだけど、本棚を二つ並べて眼鏡っぽく見せるのは残してますけどw」

その時、ファエルに電流走る!!!!
ffxiv_20151002_000439.png
ずれたし・・・
フ「しずんだ・・・」
ffxiv_20151002_000200.png



───話は本題に

ffxiv_20151002_002956.png

フ「して、たけおさんはなぜ眼鏡を愛しておられるのですか?」

た「知っての通り、私はレガシーユーザーで 旧14から遊んでいるのですが
  そのころはスタート時ギャザラーやクラフターが選べたんですよ。
  それで初期装備から眼鏡が付いていたのが錬金術師で。錬金術師としてエオルゼア生活をはじめたんです。」
た「それで いろいろ遊んでいるうちに メガネに対する愛着が強くなっていて
  気がつけば メガネを常に着用するというスタイルになっていました。」
フ「そうなんですね。」
た「旧時代は眼鏡の種類も少なかったので大変でした」
フ「今(新生後)は沢山ありますもんね、ロイドメガネ(丸メガネのこと)でも数種類」
た「1レベルのメガネが増えたのはすごくありがたかったですね
  新生直後はレベル13にならないとメガネが装備できなかったので、
  他のサーバーに遊びに行くときは、レベル上げをこっそりやってましたw」
フ「確かに新生直後はクエスト報酬などでもらえる戦闘系眼鏡でしたね。
  いつの間にかおしゃれ眼鏡が普及してましたね。」
ffxiv_20151002_004818.png
(レベル1からかけられて染色もできるようになったおしゃれ眼鏡、たけおさんが掛けているのはクラシックグラス(彫金40))

ffxiv_20151002_004805.png
(戦闘職丸メガネ。かけているのはミスリルマグニファイアーズ)

た「これですねw(上の写真)
  このメガネが旧時代のデザインのほぼ全てだったので 見た目は本当に増えたなぁと実感しています。」


───色眼鏡も増えました

ffxiv_20151002_001731.png

フ「今ではサングラスなんかもありますから、本当に増えましたね。」
た「色眼鏡は旧時代もたくさんあったんですが 新生から消えてしまったので見せる機会がないんですよねぇ」
フ「今ではパンスネなんかが色眼鏡でありますね」
ffxiv_20151002_001548.png
フ「これですね(装着」
た「そうそう。
  パンスネも今は目が映らない感じですけど 旧時代は半透明だったんですよ。
  新生直後で 半透明技術がまだなくて、色眼鏡系は全部そんな感じになってました
  ようやく半透明処理のメガネも増えてきたので ありがたいですね」
た「サングラス系は、今だとフチも含めて染色されるので、使いどころを考えないと・・・と思っちゃいますw」

───製作にメガネが増えたことについて

た「2.38(エオルゼアの守護者最後のパッチ。製作レシピとして追加される)で4種実装されたときは、
  インして10分で4種作って 30分くらい自室で撮影してました」
フ「私も彫金50にしたとき似た様な事やったなぁw」



───ファエルがメガネに目覚めたきっかけ

た「ファエルさんがメガネに惹かれた理由ってなんでした?」
フ「私は元々、自分が眼鏡人間なので三次元眼鏡からはいりました。」
た「ふむふむ」
フ「あーでもない、こーでもない、いろんな種類の眼鏡がありますがいろんな眼鏡を集め、そこから二次元にいきましたね。
  男性のかけている眼鏡はいいけど、外す姿もいいなぁと。しぐさがポイントですね。なんかこう、全部が好きですw」
た「なるほどなぁw
  私はかなりエオルゼアにフォーカスしてるところもあるから、メガネそのものやメガネNPCをおっかけたりしてリアルまであまり気が回らないかなぁw」
フ「こうやってエオルゼアでもメガネが普及しているのを見るととてもうれしいですし作り甲斐があります
  ベリアスは・・・人口が少ないのであまりメガネ自体かけてる人がすくないのですが・・・w」


───メガネ普及させるには?


た「1ギルバザーとかやるといいですw」
フ「w」
た「時々ですけど自鯖で「メガネ作ります!」ってシャウトして何人かにメガネを提供するイベントやったりしてましたw」
フ「私は知人のエタバンの時に「二次会で使うからつくってくれw」と注文がw
  なにで使うんだろう?と思ったら二次会の景品でした・・・w」
た「w
  自分のイベントで景品として出したことがあるから人のことは言えないなw」
フ「でもこうやって普及していくと結構うれしいもので、今日(10月1日のこと)Twitter見てても結構メガネかけてる方たくさんいらっしゃって」
た「今年は特にメガネSS多かったなぁー」



───各種族に似合うメガネとは

フ「エレゼンの女性の方はセクシーですね、流し目みたいな感じで」
た「各種族ごとに似合うメガネはあるだろうなぁと常々思っていますが、まだ「これだ!」という決定版には至ってないかも」
フ「それすっごいわかりますw
  いつもかけてるのはあるけど、これ!と言って特出してイイものがないんですよ」
た「前に幻想薬でブリアルディアンっぽい姿になっていろいろかけたときも「ああ、やっぱりアンダーリムなんだな」ってw」
フ「それぞれの顔に似合うメガネがありますからね」
た「ですねぇ」
フ「さっきも(出会ってすぐにメガネをプレゼントした時に)言ったけれどアウラに太い縁が似合うってのがそうかもしれない」
た「うんうん
  いろいろな鯖でメガネを買ってかけるって事をやったときに大体安いメガネって決まってくるんだけど、なかなか似合うところまでいかなくてw」



───夜も更け、そろそろイイお時間に・・・

た「でもこうしてメガネの話ができる人ってなかなかいなかったのでありがたいです」
フ「いえいえ、こちらこそ急なお誘いだったのに来ていただいて」
た「いえいえお話ししたかったのは事実ですしw
  こうやって話すと好きになる理由が違うから面白いですよね」
フ「奥が深い」

た「もしイージスに来られることがあれば旧時代のメガネもお見せしますw
  残念ながら全部は残ってないですけど形はほぼ同じですしw」
フ「おお、それはうれしい。旧14の方とはあまりお話ししたことがないので・・・。」
(このとき旦那が後ろで見ていたのでとりあえず「みよさんの知り合い」とだけ伝えておく)
フ「旦那が後ろでみているw
  なにか特別な時はお揃いのメガネかけさせています・・・w」
た「おそろにするとか楽しそう」
フ「色が違うけど形が一緒だとなんだかうれしいですよ。自分が作ったのだと余計に」
た「それはありますね。私もいろんな人にメガネ渡して回ってるからそれをちゃんと保管してくれたり使ってくれてたりするとうれしいです」


───今後のメガネについて


ffxiv_20151002_010937.png

フ「ミラプリができて便利になりましたね」
た「ミラプリ前はどうしてもアイテムレベルが低くなってしまって大変でしたw」
フ「パッチ2.3くらいでしたっけ?ミラプリできたの」
た「そのころだったきがします」
(実際はパッチ2.2混沌の渦動実装時。)
フ「そのころからいわゆるおしゃれ装備が増えだした時期ですね」
た「ですね、増えすぎて大変なくらいにw」
フ「メガネに関しては・・・もっと増えてもいいのよ、って感じですwデザイナーさんが大変そうですけど」
た「こういうのを公募すればいいのになと思います」
フ「ゲーム内でも吉田Pがそれっぽいのかけてましたしね」
た「あのメガネいいでよねぇw」
フ「いいですね、あれは好きですw」

ffxiv_118-1.png
(ゲーム内で吉田Pが掛けていたそれっぽいメガネ。)

フ「14はキャラメイクがある程度自由ですから、多少ネタに走っても、と思います。サブリガがいい例だとおもいます。」
た「ミラプリコンテストとかファッションショーとかが楽しいのもよくわかります」
フ「トンベリがメガネかけさせられことができるんだからモーグリにも・・・とか思っちゃうんですw」
た「w そういえばなかったw学者トンベリのミニオンが欲しいですねw」



───そろそろおねむのじかんです

た「けっこういい時間になってきた」
フ「本当だ、どおりで瞼が重いわけだ」
た「最後になにか聞いておきたいことないですか?」
フ「(若干おねむ)うーん、
  これからもメガネを愛することを誓いますか?」

た「愛するというかもう生活の一部ですからね。一心同体だと思います。」
フ「ふむ」
た「一言では語れなくなってしまいましたw」
フ「そうですね。やっぱりメガネは奥が深い」

た「なにか一つのことを探求すると奥の深さはなんでも出てくると思います。
  ファエルさんもファエルさんなりのメガネ愛を見つけられたら、私もうれしいです。そしたらまたこうやってお話ししましょう」

フ「今度はみーさんも一緒にw
  またベリアスに遊びにきてくださいね。何もないですけどw」


ffxiv_20151002_011349.png


その後、たけおさんはみよよさんのお家を見てから帰っていきました。
たけおさんのメガネ談義の記事はこちら!


またこうやってメガネの話じゃなくても交流ができるといいなぁ。と思いながら。






スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。